GLS予備校(塾 大学受験 高校受験 福岡)
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡




 毎日新聞(福岡版)朝刊(2014.5.12)で原田が紹介されました。記事は上の画像をクリックしてお読みください。


 プレジデントファミリー2013年3月号、4月号に原田による数学、英語の記事が掲載されました。


 日経ビジネスオンライン(2012.4.10)でGLS予備校が紹介されました。記事は上のサムネイルをクリックしてお読みください。


 「The Japan Times」(2011.12.23)で原田が掲載されました。 記事は上の画像をクリックしてお読みください。なお、記事の全訳はこちらに載せております。


 「月刊 私塾界」(2010.9)で紹介されました。 記事は上の画像をクリックしてお読みください。


寮生コースの概要

 寮生コースでは、難関国公立大学を志望する福岡県出身のラ・サール生を、東大卒プロ講師の原田が全教科個別に指導しています。


 高2以下の場合は、まず学校から出された課題を、疑問点を解消しながら計画的に消化していきます。 課題が終わり次第、個々人の目標に合わせて、弱点の補強や得意にしたい分野の強化などに取り組んだり、休み明けのテスト対策に入ったりします。

 高3の場合は、志望校合格のために何をどうすればいいかを分析した上で学習計画を立て、休暇時にしか出来ないことを優先してやっていきます。 また、寮に戻ってから何をどう学習すればいいのかについても指示しておきます。

 メールを使うことが出来る場合のみ、帰省中の指導に加え、日常的遠隔指導を受けることができます。 メールで定期的に学習状況や試験の結果を報告してもらい、それに対して適切に指示を出していきます。 こちらが必要だと判断した場合は、電話で話すこともあります。


 他コースと比べて指導出来る期間が短いので、本コースで結果を出すためには、他コース以上に生徒自身の自主性と努力量が必要です。 努力しない人、言われたこともやらない人が指導を受けても全く意味がありませんので、その点ご注意ください。


こんな人におすすめです

○学校の課題をこなすだけでは足りない点を分析し、指導して欲しい

〇学校の勉強はきちんとやって成績も取れているが、受験を意識した勉強はしていない

○問題をたくさん解けば出来るようになると思って解いてきたが、なぜか成績は伸びない

○数学はどの教科よりも時間をかけて勉強しているのに、テストの点数が伸びない

○理数系は得意だが、国語はずっと苦手科目のままで、何を勉強していいのかも分からない

○英数国はそれなりに出来ているが、理科が極端に苦手でどうしたらいいのか途方に暮れている

○大学進学後や社会に出てからも通用する、本物の学力を身につけたい


難関国公立大学合格に必要な知識・思考法の徹底指導

 人それぞれ体の使い方に癖があるように、頭の使い方にも癖があります。 学力を伸ばすためには、頭の使い方における悪い癖を一つ一つ取り除いていくことが不可欠なのです。


 例えば、文章を読む際、無意識に自分のわかるところだけを拾い読みし、そこだけを繋げて自分の中で話を作り上げてしまう人がいます。 こういった癖がある人は、国語の文章が「読めたつもり」、教科書の内容が「わかったつもり」に陥っているので、国語に限らずあらゆる学習に支障を来します。 また、あらゆる科目の試験で問題文を読み飛ばしてしまうので、特に問題文が長くなると途端に出来なくなります。

 別の例を挙げると、数学や理科で図を描いたり実験したりせず、ただ問題文をジッと眺めるだけの人がいます。 こういった癖がある人は、テキストと同じ問題が出題されれば解けたとしても、試行錯誤しないと解けないような応用問題には全く歯が立ちません。

 他には、ただひたすら問題を解いて答えを丸暗記するだけで、「なぜこの式を立てると解けるのか」を考えたり、用語の意味や概念を理解したりしていない人がいます。 こういった癖がある人は、中身のない形だけの勉強をしているだけなので、いくら時間をかけても結果はついてきません。


 こうした癖は挙げるとキリがありませんが、ともかく癖を直さないことには学力が伸びません。 そこで、当校ではどういった癖があるのかを分析し、その上で正しい思考法(=「学習の作法」)を身につけられるよう指導しています。

 もちろん、大学入試を突破するには相当量の知識も必要なので、知識の詰め込みにも力を入れています。 ただ、いくら知識を詰め込んでも、それを正しく使えなければ意味がありません。 そこで、当校では「使える形」の知識を詰め込めるよう、意識して指導しています。


東大卒プロ講師による全教科個別指導

 生徒一人ひとりの知識量や思考法、通っている学校の指導方針を踏まえたカリキュラムに基づいて指導したいという思いから、授業は全て個別指導です。

 生徒一人ひとりが「どういった癖があるのか」「どういった知識が身についていないのか」を分析した上で、必要なことを個別に指導しています。

 このスタイルであれば、それぞれの進学校の独特なカリキュラムにもうまく対応出来ます。


 また、学校で使用している教材の生かし方を指導しつつ、足りない部分のみピンポイントで教材を足すことによって、効率的に学力を伸ばしていきます。

 多くの塾や予備校で見られるような、「学校で使っているものと同じような教材を別にやらせる」といった、屋上屋を架すような無駄な指導はしておりません。


 さらに、東京で14年間研究を続け、実績を残してきたラ・サール、東大卒プロ講師全教科を指導します。

 ある科目が伸びない原因は他の科目にあったり、2つの科目が伸びない原因は共通しているというケースは多く存在します。 こういった原因を取り除くには、教科ごとに指導するのではなく、教科の枠を超えて指導していくのがとても効果的です。

 また、全教科を指導することによって、生徒の性格や考え方、長所や短所をはっきり把握することができるので、生徒に合った進路指導ができるようになります。


 これは、例えるなら「最短で目的地に到達する地図」を作るようなものです。 地図がなければ、いくら頑張っても目的地に到達するのは難しいですし、仮にたどり着いたとしても相当な回り道になります。 ですので、一人ひとりが迷わず目的地にたどり着けるような地図(=適切な指導)が必要なのです。

 ただし、地図(=適切な指導)だけでは目的地に到達することは出来ません。 目的地に到達するには、それ以上に継続した努力が必要です。


記述答案を徹底的に添削

 多くの国公立の二次試験は、答案の完成度で合否が決まると言っても過言ではありません。 ところが、模試と本試験では採点基準が違うことが多いため、自分の本当の答案作成力を知らないまま入試に臨んでしまう人が後を絶ちません。

 2020年に予定されている大学入試改革では、これまで以上に表現力が要求されると言われています。 それなのに、表現力を伸ばすような学習環境はあまり増えていません。

 GLS予備校では、個別指導という利点を生かし、英語や国語だけでなく数学や地歴の答案も徹底して厳しく添削しています 正しい答案が書けるようになるまで、しつこく何度も添削を繰り返します

 その段階をクリアしたら、今度は自分で自分の答案を添削する練習を課します。 ここまで出来るようになれば、答案作成力という点では他の人に大きく差をつけられます。


数学・理科のポイントを押さえた解説と学習方法の指導

 「数学は課題が多いのもあって一番時間をかけているのに、なかなか解けるようにならない」

 「物理、化学は問題集を何回も解いているのに、模試や実力試験が解けるようにならない」

 といった悩みを抱えている人はたくさんいます。


 これらの悩みは、ポイントを押さえた正確な理解ができていないのと、使える形で解き方を頭に入れていないのが原因です。

 そこで、当校ではポイントを押さえた解説をしつつ、正しい学習方法を指導していくことで、数学や理科の学力を大きく伸ばしています。


全ての基礎となる国語力の強化

 国語力は「論理的思考力」と「日本語運用能力」を合わせたものであり、思考力と記述力に直結します。 そのため、国語力が不足していると他の科目の学習もうまくいきません。

 例えば、英文は頭の中で英語を日本語に直しながら読んでいくのですが、国語力が不足していれば、日本語に訳すことが出来てもその訳の意味が理解できません。

 また、国語力がなければ数学や理科の問題文の意図も読み取りにくくなりますし、記述答案も満足に書けるようになりません。

 そこで、GLS予備校では英語や数学だけでなく、国語も重点的に指導しています。


やり込みの度合いを厳しくチェック

 いくら問題を解いたからといって、身に付くまで徹底してやり込まなければ自分のモノにはなりません。 進学校で定期試験の成績がよろしくない人のほとんどが、試験範囲をサラッと通るだけで勉強した「つもり」になっていて、身に付くまでやり込んでいません。

 そこで、当校では授業時に「やり込み」の度合いを厳しくチェックしています。

 例えば暗記物であれば、全部即答出来るまでやり込んでいるかどうかをチェックします。 演習問題であれば、厳しい制限時間内に解けるようになるまで反復したかは勿論のこと、解答に至るまでの考え方を説明できるかどうかもチェックします。


 やり込みが足りないと判断された場合は、本当に身に付くまで何度も繰り返しテストします。 そうした訓練を重ね、「できたつもり」を「できた」に変えることこそが、学力を伸ばす第一歩です。

 土台がしっかりしていない状態で積み上げても、しっかりとした学力は身に付きません。 ですので、当校では徹底したやり込みを重視して指導しています。


説明するだけでなく、説明させることも重視

 いくら良い説明を受けたとしても、ただ聞いているだけでは本当の理解にはつながりません。 自分の言葉で説明できなければ、「理解した」とは言えないのです。

 当校では、講師が説明するだけでなく、生徒自身にも説明させることで、本当に理解しているかどうかを確認しています。


 自分の言葉でうまくかみ砕いて説明できるようになって初めて、本当に理解していると言えます。 生徒がうまく説明できない所があれば、そこが「理解していない部分」だと分かるので、その部分のみ再度講師が説明します。

 生徒から質問を受けた場合も、ただこちらから説明するだけで終わらせず、その後時間を置いて生徒に説明させます。 「質問に答えるだけで満足」するのではなく、それを生徒がきちんと理解出来たかについてもきちんと確認しております。


 このように、生徒がきちんと理解するまで、一人ひとりを質問攻めにします。 思考力をつけるような、理解を深めるような問いかけができるよう、問いかけ方にもこだわっています。


 また、この「生徒自身に説明させる」訓練は、国語力の養成に繋がります。 筋道を立てて論理的に説明できるようになるまで繰り返すことで、「言い換え」「対比」「因果関係の把握」などの能力が身につきます。


授業スケジュール

 現在は春休み、GW、夏休み、冬休み、および受験直前期に講習を実施しております。

 講習のご案内につきましては、都度メールにて実施しております(他のご案内方法には対応しておりません)。 また、メールを使える人であれば、下宿にいながら遠隔指導を受けることが出来ます。


 講習は長期休暇のたびに受けていただくことを前提にしておりますので、講習中の学習態度に問題がなく、講習の成果が成績に表れている方につきましては、優先的に次の講習をご案内いたします。 優先お申込みの期限内であれば、必ずご希望の席を確保出来るように手配します。

 優先申込対象外の方、および空席待ちの方につきましては、優先申込期間後に空席があった場合のみご案内いたします。 ただし、ご案内する順番につきましては、全てこちらで判断します。


 また、講習に参加する方の中で、高校2年生までは希望者を対象に、高校3年生は必ず、30分程度の面談を実施しております。


入会条件

 当校は現在「確かな学力をつけて難関国公立大学を目指す志を持ち、主体的・能動的に行動できる人」のみを対象としておりますので、 「志のない人」「難関国公立大学を目指していない人」「最初から推薦やAO狙いの人」「積極的な姿勢で授業に臨めない人」「勉強は自分でするものという意識や習慣のない人」は指導をお断りしております。

 加えて、以下の条件を厳守していただきます。

○理由もなく遅刻・欠席しない。遅刻・欠席の際は連絡する。
○授業中に許可なく携帯電話を扱ったり、居眠りしたりしない。
○出された指示は必ず守る。指示を無視して自分勝手に勉強しない。
○模試や定期試験の成績は毎回必ず提出する。
○主体的、能動的な姿勢で授業に臨む。
○嘘をついたり、カンニングしたりしない。
○欠点や弱点を指摘されたら素直に受け入れ、改善のために努力する。
〇講習で学んだことを活かし、帰寮後も努力を継続する。


 また、新規入会者については以下の学力基準を設けており、基準に達していない場合は指導をお断りしております。 学力基準に達しているかどうか分からないという方は、お問い合わせください。


最難関国公立大学志望の高校生
(東大、医学部など)
ハイレベル模試の偏差値が約60以上
(ハイレベル模試:駿台全国、学研ハイレベル、プロシード等)
上記以外 定期試験の校内成績が平均以上


受講方法

 当コースは基本的に満席状態が続いておりますので、入会をご希望の方には空席待ちのお申込みをしていただく必要がございます。 空席待ちをご希望の方は、お問い合わせフォームに学校、学年、学力状況(具体的な成績等)をご記入の上、送信してください。