GLS予備校(塾 大学受験 高校受験 福岡)
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡
塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡 塾 予備校 個別指導 大学受験 高校受験 福岡




 毎日新聞(福岡版)朝刊(2014.5.12)で原田が紹介されました。記事は上の画像をクリックしてお読みください。


 プレジデントファミリー2013年3月号、4月号に原田による数学、英語の記事が掲載されました。


 日経ビジネスオンライン(2012.4.10)でGLS予備校が紹介されました。記事は上のサムネイルをクリックしてお読みください。


 「The Japan Times」(2011.12.23)で原田が掲載されました。 記事は上の画像をクリックしてお読みください。なお、記事の全訳はこちらに載せております。


 「月刊 私塾界」(2010.9)で紹介されました。 記事は上の画像をクリックしてお読みください。


教育理念

 「難関大学に合格する人と、そうでない人の違いはいったい何なのだろう?」


 これは、私が東大入学後に初めて家庭教師を務めた時に抱いた疑問です。 そして、この疑問を何とか解消して困っている人を助けたいと思い、研究を開始しました。

 数年に渡る研究の結果、「難関大学に合格する人は無意識にやっているけれども、そうでない人はやっていないことがあり、そこが学力の決定的な差を生み出している。」ということに気付きました。

 難関大学に合格する人は、例えば以下のような習慣を身に付けています。


 ・問題を見て即答できるようになるまで、スピードをつけて徹底的に反復する

 ・自分の言葉で人に説明し、納得してもらえるレベルで理解するよう努めている

 ・応用問題やイメージしにくいものは手を動かして具体化、可視化することにより分析する

 ・結論を覚えるだけでなく、なぜその結論に至るのかを考え、説明できるようにしている

 ・誰に見せても理解してもらえるような、筋の通った答案を作るよう心掛けている

 ・自分の現状を分析し、受験までに何をどう仕上げたら良いのかを考え、作戦を立てている


 こうした習慣を、私たちは「学習の作法」と名づけることにしました。

 これらは一見ごく当たり前のことのように思われるのですが、当たり前のことがきちんと出来ているという人は意外と少ないのです。

 そして、当たり前だと思われているからこそ、それが指導者にとって盲点となっているので、「一生懸命教えても効果が見られない」「勉強しても結果につながらない」という現象が多くの教育現場で起きています。

 また、たいていの中学入試や高校入試は出るパターンを機械的に覚えるだけで合格するのに加え、大学入試に比べて必要な学習量も少ないので、中学入試や高校入試は乗り切ったものの、その後は伸び悩んでしまうという中高生がたくさんいるのです。


 さらに、現代の入試制度は毎年複雑に変化しており、最新の入試傾向を分析した上で対策しなければ結果には結びつかない、ということも分かっています。

 そして、こうした情報の格差はそのまま教育格差となり、さらにそれが社会におけるあらゆる格差に繋がっていくのです。


 「学習の作法と正しい情報を広め、努力する人を一人でも多く難関大学に合格させよう」


 そう決意したはいいものの、周囲からは「せっかく東大法学部にいるのに、なぜ官僚や弁護士を目指さないのか」と猛反対されました。 しかし、「自分がやらなければ誰がやる」という強い思いから、周囲の反対を振り切り、2005年に東京で教室を開きました。

 最初は苦しいことばかりでしたが、ついてきてくれた生徒達や信じてくださった保護者の方々のおかげで、確かな実績を挙げることができました。


 そして、かねてからの望みを達成しようと、2012年には地元福岡でも教室を開くことになりました。 福岡校開校への反響は予想以上に多く、このまま東京校との両立を続けていると、福岡校で満足のいく指導ができないようになってしまいました。

 そこで、このまま中途半端な状態で続けるか、あるいは思い切って東京校を閉めるか、悩みに悩んだのですが、最終的には地元への想いが勝ち、惜しまれつつも東京校を閉校することに決めました。


 現在は、福岡校で生徒を指導しながら、全国に住む志高い人を対象に、インターネットを使った遠隔指導も取り入れています。

 また、この「学習の作法」を広め、情報格差を解消するために、高校や大学での教育改革にも携わっています。


 日本の将来を担う世代にどれだけ良い教育を与えられるかが、日本の運命を決めるといっても過言ではありません。

 今後も努力する人を日々全力で指導しつつ、「学習の作法」の普及と情報格差の解消にも尽力して参ります。

GLS予備校

GLS予備校校長 原田将孝